きもと歯科クリニック

メニュー


再生医療 | きもと歯科クリニックは和歌山市木ノ本にある歯科医院です 【歯科口腔外科 小児歯科 矯正歯科 歯科 審美治療】




再生医療



再生医療
(CGF:自己血由来フィブリンゲルを用いたもの)

採血をおこない特殊な機器にて遠心分離をおこなうことで、
成長因子や血小板を多く含むフィブリンゲルを形成します。
これを施術部に留置することで、インプラント治療での骨の造成や、治癒の促進、
術後の疼痛緩和をおこないます。これはインプラント治療のみではなく多くの手術に使用できます。

CGF再生療法とは

CGF再生療法とは

採血をおこない、その自己血を遠心分離することにより、血液中の血小板や赤血球が分離されます。それと同時に、血液中の凝固因子が自然に刺激されてフィブリンゲルが形成されます。このフィブリンゲルは、成長因子や血小板などを多く含んでいます。これを手術部位に留置することにより、骨の再生、治癒の促進、術後疼痛の緩和が期待できます。
現在、同様の治療は、整形外科、形成外科、皮膚科でもおこなわれています。
再生医療を行う実施施設は厚生労働省に届け出が義務付けられ、一定基準の安全性の確保が行われています。

メリット
完全自己血由来であるため、安全性が高い。
傷の治癒の促進することができる。
歯周組織の再生・回復を促進できる。
術後の疼痛緩和、止血、感染の予防が期待できる。
骨の補填材として、骨の再生、造成を促進することができる。

留意点
採血は腕もしくは他の部位の静脈に針を刺すことによっておこなわれますが、
採血の際、疼痛の他、恐怖感による不快症状、血腫形成、皮下出血痕、神経損傷、
感染が極めてまれに起きることがあります。

再生医療の症例について

歯科口腔外科

抜歯、顎骨嚢胞(腫瘍)摘出、口腔粘膜の腫瘍(嚢胞)の切除にCGFを併用することにより、施術部の治癒を促進し、止血、疼痛の軽減をおこなうことができます。また、抜歯後にCGFを留置することにより、抜歯後の骨吸収を抑制し、より良いインプラントを埋入することが可能となります。


歯周病治療

歯周病により骨欠損が生じた部位にCGFを留置することにより、骨の再生が期待できます。


インプラント治療

骨量の不足した症例に対し、CGFはサイナスリフト ソケットリフト GBRなど、あらゆる骨造成手術に使用することができ、骨の再生を促すことができます。通常使用する骨補填材は動物由来や人工的に作られたものですが、CGFは完全自己血由来であることから感染リスクやアレルギーの危険もほとんどなくなります。
また、術後止血、疼痛の軽減もおこなうことができます。



費用

再生医療の費用 単      価
再生医療 30,000円~50,000円

※表示の費用は税抜価格となります。

リスク・副作用

通常の採血をおこなうのみで、特にリスクなどはありません。






休診日 | 日曜日 ・ 祝日

歯科口腔外科 小児歯科 矯正歯科 歯科 審美治療

所在地 | 〒640-8453 和歌山県和歌山市木ノ本310-1

〒640-8453 和歌山県和歌山市木ノ本310-1